FC2ブログ

病気というもの




違和感のある言葉がある。

病気に
「屈しない」

「負けない」

「勝つ」

「闘う」

など。

これ、頭痛や腰痛、膝痛、生理痛などにも使うけれど。

病気って敵?

そりゃそうでしょう、痛いし辛いし苦しいし、思う通りに何もできない、味方のはずない、と思うかな。

でもね、何で病気になったんだろう?と考えると、

休めてなかった。

無理ばかりしてた。

我慢すること、抑えることが多かった。

イヤと言えず何もかもしょい込んでた。

などという、「本当はしたい」ことと反対のことをしてた、ということが背景に必ずと言っていいほどある。

体はこれじゃこの人ダメになる、とストップをかける。

まずは眠くてたまらないとか、頭痛とか、疲れが取れないとか、でなんとか休ませようとするのに、

それでも薬飲んで、ドリンク剤飲んで、休まない人には、

しかたないから高熱を出したり、起き上がれなくしたり。

それでもまだ休まない人にはもっとひどい症状にするしかない。

これが病気です。

決して憎くてしてるんじゃない。

その人のためを思ってのことなんです。

なので、敵じゃない。

なので、戦っちゃダメなんです。


よく言われるたとえですが、

病気や痛みなどは、たとえばガス警報器のようなもの。

ガス漏れしてるよ~とお知らせしているのに、警報の音がうるさ~い!と言って止める(人などいませんが)と、

音は鳴りやんでもガスは漏れたまま。

エライことになります。

警報器の音=病気や痛み

警報器の音だけ止める=薬で症状だけ抑える

警報器の音はやむけどガスは漏れっぱなし。

症状は楽になるけど体自体はダメージを受けたまま。

と考えると怖くなりませんか?

どうすれば警報器の音が鳴らなくなるかというと、ガス漏れを直せばOK。

どうすれば不快な症状は消えるか、というと、ちゃんとした体の使い方をすればOK。


病気はむしろ、自分の体を守るため、何かを気づかせてくれるための、ありがたい存在なのです。

かといって、「気長に付き合っていきましょう」というものでもありません。

本人が、体のことを思い、大事にして、体の嫌がることをしないようになれば、自然となくなっていくもの。

闘うのはやめようね。

むしろ降参して、体の言うことを聞いてみよう。



****************************

女性専門整体 とも整体院神戸  

智子似顔絵


078-843-9294
施術中、出張中などで電話に出られないことが多いです。
留守番電話に切り替わりますので、お手数ですが必ず連絡先とお名前を入れておいてください。
後ほど折り返し連絡いたします。

メールでのご予約は24時間いつでもどうぞ。(但し、返信は基本8時~22時までとさせていただきます)

info@kobetomo.com

★予約フォーム

tomoseitai.gif


★今週の空き状況

★本日のお知らせ

★お問い合わせ

★Face book
友達申請してくださいね!メッセージもお願いします。
ブログに書いてないことも色々書いてます。

★Line@ に登録してね!
毎朝、「本日のお知らせ」が届きます。
登録者限定の+500円コース、お誕生日割引などもあるよ。
予約やお問い合わせも気軽にできます。

友だち追加

または、Lineで
ID: nrz4496fを検索してみてね。


★回数券発行してます!

基本整体 3回券¥11500

¥500お得になります。
どうぞご利用くださいね。









スポンサーサイト



2019-06-05(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

女性&こども専門整体 とも整体院神戸 

Author:女性&こども専門整体 とも整体院神戸 
一期一会、人と人の縁を大切に、
いつも何かに向かってまっしぐら!
神戸市灘区で整体院やってます。
魚座。 O型。

最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード